osuの新着情報


大学出資VBの草分け
「例の燃料電池用電極ですが、もう少し導電率を上げられませんか」。 【日経産業新聞 2004年6月17日(木)】
続きを読む...
 
産業界に研究成果開放/交流事業広げる地元大学
東部大阪の経済活性化の起爆剤とされているのが産学連携事業。 【日刊工業新聞 2004年5月20日(木)】
続きを読む...
 
多孔質セラミックス、超高密度プリント基板など実用化へ
匠の技ともいえる加工技術を誇る東部大阪の産業界と知的財産を有する大学が合体、産学連携事業から幾多の話題の技術が、新製品が生まれている。その事例を紹介する。 【日刊工業新聞 2004年5月20日(木)】
続きを読む...
 
70歳のベンチャー
シニアこそ夢かなえる 【朝日新聞 2004年3年1日(月)】
続きを読む...
 
産学官連携/発熱体技術組み込み/大阪産業大などと共同
三庄インダストリーはセラミックスなど粉粒体の加工処理システムを手がける。 【日刊工業新聞 2004年2月24日(火)】
続きを読む...
 
京都環境産業創造フォーラム 第4回セミナー
京都環境産業創造フォーラム 第4回セミナー

日時:2004年1月20日(火)

続きを読む...
 
ナノ領域 常に一歩先へ
クラスターテクノロジーは直径20ナノメートルという超微細穴を集束イオンビームで開ける技法と1噴射1ピコリットルというインクジェットヘッド技術を金型分野に活用、新領域に挑戦している。 【日刊工業新聞 2003年12月10日(水)】
 
起業家専攻開設
大阪産業大学は04年4月に、大学院工学研究科にアントレプレナー専攻課程を開設する。ベンチャー起業家や中小企業の後継者を育成するのが狙い 【日刊工業新聞 2003年12月10日(水)】
 
IT大学レポート起業家の育成をテーマに実践と理論を学ぶ新専攻開設
大学に蓄積された技術ニーズをビジネス化することで、新たな企業が全国で生まれている。大阪産業大学では、「社長を育てる」ことを目的としたユニークな新専攻を準備している。技術と経営を学ぶことで、起業能力のある人材を育成しようというのだ。国内初のその試みから平成の大学発のベンチャーモデルが生まれるか、大学も企業も注目している。 【月刊e・コロンブス 2003年12月号】
続きを読む...
 
大学発ベンチャーの挑戦・初の“純・大学産企業”
多孔質の新素材 10分野で実用化にめど 【日刊工業新聞 2003年11月20日(木)】
続きを読む...
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 次へ > 最後 >>

結果 11 - 20 of 48