osuの新着情報
産学官連携/発熱体技術組み込み/大阪産業大などと共同
三庄インダストリーはセラミックスなど粉粒体の加工処理システムを手がける。 【日刊工業新聞 2004年2月24日(火)】

山本努社長は、粉体分野における14年間のサラリーマン生活を経て98年に独立。オンリーワンを志向する同社製品は高い評価を得ている。さらに「発熱体技術をシステムに組み込んで戦略を強化したい」との強い思いが、産学連携の共同開発につながった。
大阪産業大学の山田修教授との出会いが共同研究のきっかけとなった。

 
< 前へ   次へ >