osuの新着情報
ビジネス&テクノロジー2003関西 環境配慮の技術・製品一堂に
多彩な分野で適用 【日刊工業新聞 2003年5月22日(木)】

環境ビジネスフェアに出展しているデナロ(東京都千代田区)は、ガソリンベーパー回収システムを展示。ガソリンスタンドの地下タンクから通気管を通じて蒸発するガソリンベーパーを回収、地下タンクに戻す。蒸発するガソリンは0.28-0.3%で、月間350キロリットルを販売するガソリンスタンドの場合、年間100万円以上の損失を改善できるという。
大阪産業大学と、同大学発ベンチャー企業のオーエスユー(大阪府大東市)は、燃焼合成によるセラミックス多孔質体を紹介。同多孔質体は金属並みの導電性、各種液体を高速で吸い上げる、さまざまな化合物・金属との複合化が容易などの特徴を持つ。電極材料、触媒、ヒーター材料など多彩な分野での適用が期待されている。

 
< 前へ   次へ >